【glamb KINGDOM】GB0219 / KD07 : Tou sweat





※メーカー在庫がある場合には1~2日で入荷いたします。詳しくはお問い合わせください。

RedNetはFocusriteのフラッグシステムとして開発された全く新しいプロフェッショナル向けオーディオインターフェイスです。新世代伝送規格"Dante"を採用し、イーサネットケーブルを用いて自由なシステムデザインと高い信頼性を持ちます。

RedNet は一般的なIPベースのイーサネット機器を使用して最大256入出力のデジタルオーディオを扱う事が可能で、加えて超低レーテンシーのオーディオ転送も実現します。

単独でのシステム設計は勿論のこと、多くのパートナー企業のDanteプロトコル対応製品と組み合わせて使う事ができます。これによりライブPAや放送局、レコーディングスタジオでのシステム構築はもちろん、会議システムやビルの館内放送システムといった設備音響にも対応します。

RedNetは複雑な配線とマスタークロックを用意すること無く、システム構築がおこなえます。JetPLLのウルトラ低ジッター技術によって、イーサーネットを経由した安定で高精度のクロックに各ユニットが自動でロックします。

RedNet 3 製品概要

RedNet 3 はニアゼロレーテンシー転送を実現する32ch デジタルI/Oです。
AES/EBU、S/PDIF、adat 規格のデジタル入出力を扱うことができます。96kHzの信号を adat 規格で扱えるように、8つの adat 入出力を装備します。
また、ネットワーク上でリモートコントロール可能で、設置場所を問いません。RedNet 3は最高 192kHz のサンプリングレートに対応し、119dBのダイナミックレンジを実現します。

RedNet 3 とコンピューターを接続するには、次の3つの方法が用意されています

・RedNet PCIe カードを使用
(コンピュータのPCIスロットにRedNet PCIe カードを装着しDigitalPerformer、Logic、Nuendo などの Core Audio、ASIO 対応アプリケーションでのご利用 )

・“Dante Virtual Soundcard”アプリケーションを使用
 コンピュータに“Dante Virtual Soundcard”アプリケーションをインストールし、コンピュータ付属のイーサーネット端子を用い Core Audio、ASIO対応アプリケーションでのご利用

・RedNet 5 を介してProtoolsのインターフェイスとしてご利用

品質が完璧 Focusrite/RedNet 3-オーディオインターフェイス

Tweet(ツイート)    

詳しくはコチラ

品質が完璧 Focusrite/RedNet 3-オーディオインターフェイス

moraに戻る
▲ページの先頭へ戻る